寄付のお願い |  ホーム |  ニュース |  運営ブログ |  在日Q&A |  フォーラム |  サイトマップ |  ご利用ガイド

ログイン
ユーザ名:

パスワード:



メインメニュー
運営ブログ 最近の記事
バナー

当サイトはリンクフリーです。下記バナーをご自由にお使い下さい。(バナーの直リンクはご遠慮願います)

QRコード

モバイルサイトアドレス
在日特権を許さない市民の会 - 呟き : 日教組大会抗議活動報告

2011年1月24日(月曜日)

日教組大会抗議活動報告

カテゴリー: - 八木康洋 @ 22時40分22秒

平成23年1月22日と23日に日教組に対する抗議活動を行いました。今年は茨城県で日教組の教育研究全国集会が開かれ、全国から右翼・民族派団体が集まってきましたが、我が在特会茨城支部も怒りの抗議活動を行いました。

第一日目(1月22日)
この日は朝10時にひたちなか市の笠松運動公園に行き、抗議文を手渡して来ました。その会場の中では今回の教育研究集会に集まって来た3,000人以上の日教組クズ教師がいたとの事です。私が抗議文を手渡した直後くらいから右翼・民族派団体の街宣車が来て市内に車を走らせていたようです。私は水戸駅に向かいまして、駅頭にて午後から日教組を糾弾するビラと翌日のデモ行進への参加を呼びかけるビラを配り、午後3時30分頃に終えました。ちょうどビラ配りを終える頃に、100台以上の街宣車を連ねた右翼・民族派団体の集団示威行為の一帯が水戸駅の方に向かってきまして、非常に騒がしくなりました。日教組に提出した抗議文の内容は報告の最後に記します。

第二日目(1月23日)

朝10時から水戸駅駅頭で街宣とビラ配りを行いました。しばらくするとデモ行進の参加者が徐々に集まって来まして、ビラ配りを手伝っていただきました。中にはマイクを持って演説をしてくれた人もいて、本当に助かりました。デモ行進の集合時間の少し前、午後1時過ぎくらいに元鎌倉市議会議員の伊藤玲子先生が水戸駅に来まして、駅頭でビラ配りと演説を行いました。日教組が来ていると聞いて、わざわざ鎌倉から足を運んでいただきまして、水戸の地で通行人に日教組の問題点を指摘して下さいました。
午後2時に我々は伊藤先生を駅頭に残しまして、デモ行進に出発しました。「日教組の集会を茨城県民は歓迎しないぞ!」「日教組、朝鮮総連、朝鮮学校は日本から出て行け!」「日教組と朝鮮総連と朝鮮学校に平和の火を灯し、焼き討ちにして解体しよう!」などのシュプレッヒコールをあげながら、日教組が分科会を行っている茨城県立県民文化センターに向かい、朝鮮総連茨城県本部の付近で流れ解散としました。朝鮮総連前では十数人の警察官が警備に立っていましたが、おそらく警備要請をしたのでしょう。税金を払わないくせに住民サービスは人一倍受けているトンでもない姿を我々は目にしました。話は脱線しますが、朝鮮総連の脱税を救う会いばらきと在特会・茨城と維新政党・新風茨城県本部で糾弾していたら、朝鮮総連が「税金を払っていないのは民団も同じではないか」と反論にならない反論をしてきました。せっかく教えてくれたので、我々は民団の脱税についても抗議しております。
デモ行進は朝鮮総連前で解散しましたが、参加者は全員でまとまって水戸駅の方に向かいました。各自独り言を発しながら歩き、帰り道でたまたま通りかかったホテルシーズン(家庭科教育分科会会場)とホテルレイクビュー水戸(教育条件整備の運動分科会会場)の前でその独り言の音量がたまたま大きくなってしまいました。水戸駅に着き、ビラ配りを続けていた伊藤玲子先生に声をかけまして、この日の活動を終了いたしました。デモ行進とその前のビラ配り、街宣活動に参加して下さいました10名のボランティアの皆様、本当にありがとうございました。そして、鎌倉から駆け付けて下さいました伊藤玲子先生に感謝いたします。


抗議文
日本教職員組合 殿
中山成彬先生の言葉を借りるまでもなく、貴殿等は「日本のガン」である。国旗・国歌を否定し、日本を際限なく貶める教育を行う貴殿等を、我々良識ある茨城県民は歓迎しない。今すぐ教育研究全国集会なるものを解散し、茨城県から出て行け。日本から出て行け。心の故郷、北朝鮮に帰れ。
貴殿等の悪行を挙げていけばきりがないが、特に公憤を抱くものは一昨年に起こした募金詐欺である。あしなが育英会を抱き込んで「子ども救援カンパ」なる募金活動を行い、その使われ方を説明せずに善良な市民を騙して募金の一部を朝鮮学校に寄付した事件は、誰がどう考えても詐欺である。また、その寄付金が北朝鮮に流れてミサイル製造に使われ、昨年11月23日の北朝鮮による砲撃で韓国の民間人が殺害されるに至った。我々在日特権を許さない市民の会の仲間はその詐欺行為・殺人幇助行為に対して抗議するために、徳島県教職員組合に出向いたが、不幸にも逮捕され、うち三人が有罪判決を受ける結果となった。就労支援という名目で活動を行った結果、抗議に来た者が告訴され職を失う事となり、貴殿等もその真の目的を達成したのだろうが、満足か。
我々は貴殿等の悪行を許すつもりは無い。日本の教育において害悪でしかない日本教職員組合は解体すべきである。日本の事が嫌いな日教組の組員は、北朝鮮の脱北者を見習って脱日せよ。
平成23年1月22日
在日特権を許さない市民の会 茨城支部 支部長 八木康洋
以上

報告者:在日特権を許さない市民の会 茨城支部長兼副会長 八木康洋


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

17 queries. 0.022 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

在特会広報にご協力下さい

カレンダー
前月2017年 10月翌月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<今日>
検索


Powered by XOOPS Cube 2.0 c 2005-2006 The XOOPS Project

Theme design by IMAGO:THEMES c 2003