寄付のお願い |  ホーム |  ニュース |  運営ブログ |  在日Q&A |  フォーラム |  サイトマップ |  ご利用ガイド

ログイン
ユーザ名:

パスワード:



メインメニュー
運営ブログ 最近の記事
バナー

当サイトはリンクフリーです。下記バナーをご自由にお使い下さい。(バナーの直リンクはご遠慮願います)

QRコード

モバイルサイトアドレス
在日特権を許さない市民の会 - ニュース
最新ニュース
投稿者: A0000068 投稿日時: 2017-6-24 12:12:20 (17688 ヒット)

退任のご挨拶

 この度、在特会(在日特権を許さない市民の会)の広報局長を退任することとなりました。
 在特会発足以来ではないのですが、もっとも古株の執行役員として、その任に当たってきたことを振り返りますと、実に感慨深いものがあります。
 退任の理由は、もっぱら自身の環境の変化によるもので、ここ1〜2年の在特会の動向とは直接の関係はありません。
 しかしながら八木会長を筆頭に、在特会が名実ともに新体制に移行したこのタイミングに重なったことは、自身の進むべき道を示されたようでもあります。
 今後は一会員として在特会を支えていく何かができればと思っています。
 八木体制の二期目以降の在特会は、これまでとは一味も二味も違う、存在感のある組織として、日本の市民運動を牽引していくと確信しております。
 会員の皆様、関係諸団体の皆様には、これまでのご高配に深く感謝するとともに、八木会長率いる在特会を今後も盛り立てていただけますようよろしくお願いいたします。
 ありがとうございました。どうぞよろしくお願いいたします。

平成29年6月25日
在日特権を許さない市民の会
広報局 局長 米田隆司


投稿者: A0000001 投稿日時: 2017-5-1 0:00:00 (5211 ヒット)

在日特権を許さない市民の会
会員の皆様

平成28年度決算報告(平成28年4月〜平成29年3月)につきまして、4月23日から4月30日までの期間、会員の皆様の承認/否認の投票を受け付けましたところ、過半数の承認が得られました。よって平成27年度の決算は了承されたものといたします。

平成29年5月1日
在日特権を許さない市民の会
会長 八木康洋


投稿者: A0000001 投稿日時: 2015-4-5 9:00:00 (9132 ヒット)

<承認投票結果報告>

会則第七条及び第九条に基づき実施しました副会長承認投票の結果、不信任が投票資格者の過半数を越えなかったため、以下の指名者を副会長に登用します。

◆ 会長が指名した執行役員(副会長)候補者 ◆
直江 武 (なおえ・いさむ) 

なお、直江副会長の担当地区は中国地区とし、先崎副会長の担当地区を九州・四国地区に変更します。藤井副会長はIT関連統括担当とします。

平成27年4月5日
在日特権を許さない市民の会
会長 八木康洋




投稿者: A0000001 投稿日時: 2014-12-11 23:58:37 (6984 ヒット)

 昨日、徳永弁護士から京都朝鮮学校との裁判の最高裁判決を送ってもらい、内容を確認しました。判決は既に報道されている通り、上告棄却です。判決をもちまして損害賠償と街宣禁止が確定しました。我々の主張が認められなかったのは残念でありますが、今後は本判決を活かして反日左翼のあらゆる活動を制限するための運動を展開したいと考えております。
 本件につきまして、八木がコメントしたような報道が一部でなされているようですが、事実ではありませんので、誤解の無いようお願いします。昨日、東京新聞の加藤益丈という記者から当会広報局宛に司法記者クラブの各社を代表してコメントが欲しいとの連絡がありました。そう言っているそばから記者クラブに所属しているはずのNHKが会長にコメントを求めてきており、早速、マスコミ特有の嘘、捏造をやらかしてくれております。
 我々がマスコミに対して発言した内容は、そのNHKに対する「用件は何ですか」、「今仕事中なので後にして下さい」の二言だけです。報道に出ているコメントは被告を代表して徳永弁護士が出したものです。被告は在特会だけはありませんので、明らかな誤報です。マスコミには記事の訂正を要求するつもりもありませんが、そういうところに真意を話すつもりもありません。
 今後も引き続き、当会の主張を続けてまいります。特に国際社会にはきちんと訴え、公園を一部の民族が独占していたところを解放し、全ての人種が平等に利用できるようにした行為を差別と断定した判決の不当性をしつこく言い続けます。今はいわゆるネット右翼しか理解してもらっていないけれども、動画を観た人が判決の不当性に気付き、広く一般にまで在日特権廃止に向けた運動が浸透していくものと信じております。また、悪銭身に付かずと言います。本来の意味とは違ってきますが、我々にとって非常に苦しい出費となりました今回の損害賠償のお金をめぐって彼等がまた争い、自ら破滅の道を歩む事を願ってやみません。

平成26年12月11日
在日特権を許さない市民の会
会長 八木康洋


投稿者: A0000001 投稿日時: 2014-5-8 16:57:20 (5882 ヒット)

平成25年度決算報告の結果ついて

会員各位

会則第二二条および第二三条に則り、すべての会員(正会員、メール会員)による在特会平成25年度決算承認投票(5月1日〜7日)を行った結果、承認が過半数を超えたことをご報告します。よって、会則第十一条第四項の三に基づき在特会 平成25年度決算報告は正式に承認されたものとしてここに公知します。

決算報告の閲覧は公式サイトにログインした後
左側のメインメニューから 会員の皆様へ → 決算報告 平成25年度 へお進みください。

平成26年5月8日(木) 在特会会長 桜井誠



(1) 2 3 4 ... 41 »
在特会広報にご協力下さい

カレンダー
前月2018年 1月翌月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<今日>
検索


Powered by XOOPS Cube 2.0 c 2005-2006 The XOOPS Project

Theme design by IMAGO:THEMES c 2003