寄付のお願い |  ホーム |  ニュース |  運営ブログ |  在日Q&A |  フォーラム |  サイトマップ |  ご利用ガイド

ログイン
ユーザ名:

パスワード:



会員数
16399 名

メインメニュー
運営ブログ 最近の記事
バナー

当サイトはリンクフリーです。下記バナーをご自由にお使い下さい。(バナーの直リンクはご遠慮願います)

QRコード

モバイルサイトアドレス
在日特権を許さない市民の会 - ニュース
最新ニュース
投稿者: A0000001 投稿日時: 2014-9-25 10:11:35 (15379 ヒット)

在特会会長 桜井誠が書き下ろした渾身の一作 『大嫌韓時代』 (青林堂、定価1200円+税)が全国の書店ほかamazonをはじめとするネット書籍販売などで絶賛発売中です!皆さま是非ご購読下さい!

※ 『大嫌韓時代』 の書名をクリックすると予約サイトに移動します

桜井自身八冊目の書下ろしとなる今作では「在特会」をメインに構成した内容になります。李明博から朴槿惠に至る日韓関係の様々な問題を主軸に在特会が何故誕生し、何を成してきたのか? 或いは行動する保守運動の原点について初めて詳細に語っています。

また同書において各地で地道に活動を続ける皆さまへのエールとして北海道から九州まで在特会の執行役員、各支部長たちの活動を取り上げ紹介しています。とくに在特会会員には是非とも購読頂きたい一冊に仕上がりました。




※ 画像ををクリックすると予約サイトに移動します


投稿者: A0000068 投稿日時: 2014-9-13 8:00:08 (14642 ヒット)

「在特会が在日特権をデマと認めた」とするデマについて

現在インターネット上には、「在特会が在日特権をデマと認めた」とするデマが、まことしやかに出回っております。また、「在特会広報局長がデマと認めた」「在特会副会長がデマと認めた」など類似のデマもあります。

平成25年10月31日に「行動する保守運動の矜持とは何なのか?」と題するシンポジウムが政経調査会主催で開かれました。この場に出席した当会広報局長・米田の発言を歪曲して広めているものと思われます。米田の発言は以下のようになります。

--- ここから ---
米田:ちょっと一言いわしてください。えー、いまネットで出回っている、ね、だいぶね啓蒙は進みましたけれども、数年前にネットでまわっていた在日特権リストってありますよね? 例えば、生活保護がすぐに入る(注)、NHKはただ、公共料金もただ、その他色々ね、公営住宅にもすぐに入れる、これ全部デマですんで。

M氏:最初、在特会言ってたんじゃないですか、最初。初期の方はそういう特権があるって言ってた。

米田:それを公式サイトに載せた記憶はないですし、私もそんなことを言った覚えはないですけど。(略)
--- ここまで ---

上記やりとりのように、米田が発した「これ全部デマですんで」は、作者不明の在日特権リスト(チラシ上のもの含む)はデマであるということです。当会では元々そのような主張はしておりません。「在特会が在日特権をデマと認めた」はデマです。悪質なデマに対しては法的措置も検討しています。この類の言説を見つけましたら、広報までお知らせいただければ幸いです。

在特会広報フォーム
http://www.zaitokukai.info/modules/inquirysp/index.php?op=2

(注)「生活保護」については「制度として在日が生活保護を優先的に受給できることが規定されている」ということではないことを指摘

以上、よろしくお願いいたします。

平成26年9月13日
在日特権を許さない市民の会 広報局


投稿者: A0001086 投稿日時: 2014-7-7 21:47:04 (2627 ヒット)

7月1日よりサーバー側の設定が変わったため、会員登録フォームが正常に動かず会員登録が出来ない状態になっていました。
会員登録が出来なかった期間は以下の通りです。

7月1日午前6時頃から7月7日午後9時40分頃まで。

この期間に登録された方は、申し訳ありませんがもう一度登録をお願いします。
ご迷惑をおかけしまして申し訳ありませんでした。

副会長 藤井義行


投稿者: A0006533 投稿日時: 2014-6-20 11:05:19 (8667 ヒット)

平成26年6月20日
在日特権を許さない市民の会
会長 桜井誠

6月17日発売された「ニューズウィーク日本版」の「右傾化とヘイト」の中で
当会に触れた部分が多々ありましたが、以下の点について誤りがありますのでお知らせします。



1、 当会のことを排外主義団体と断定しているが、当会はあくまで
入管特例法をはじめとする「在日特権の廃止」を目指しているのであり
合法的かつ親日的な外国人に対して排斥する団体ではない。
むしろ、「反ヘイト団体」こそ順法精神のかけらもなく、「逮捕上等」と
公言している無法者集団である。

2 、浦和レッズ、四国の仏教巡礼地の件を「あからさまな差別」と断じているが
それぞれ誤解ないし朝鮮人による悪行が招いたものであって、その原因や背景を
正しく報じているとは言いがたい。

3 、在特会デモは衰退している、と論じている部分があるが、当会の会員数は
増加の一途をたどっており、衰退しているとは言い難い。
また、デモや集会が当会への妨害活動により阻止されたことは一度もない。

4 、当会をはじめとする行動する保守と「反ヘイト団体」の対立構造を描いている
にも関わらず、「反ヘイト団体」側の言い分のみを掲載するのは不公平ではないか。

以上

読者・会員の皆さまにおかれましては、どうぞ誤解のなきよう
よろしくお願いいたします。
なお、当該記事はメディアとして初めて「反ヘイト団体」の実態を描いたもの
としての側面は評価するものであり、声明という形で
事実誤認部分について執筆者への注意を喚起するものであります。
引き続き、当会へのご支援、ご指導を賜りたくお願い申し上げます。


投稿者: A0000001 投稿日時: 2014-6-8 9:11:18 (4949 ヒット)

特別会員登録を希望される皆様へ

日頃より皆様には在特会へのご支援ご協力を賜り心からお礼申し上げます。
在特会の活動が拡大浸透するにつれて「特別会員」への登録を希望される方が急増しておりますが
一方で登録手続きに関する注意事項を読まないで申し込みをされる方も増えており
事務局スタッフから改善を求める声が上がっています。

特別会員への登録方法は公式サイト上部にある
在特会特別会員募集のお知らせ
に詳細が記されていますので必ず一読されたうえで申し込み下さい。

また、特別会員として登録できる資格者は
一般会員登録を済ませて会員番号を取得している者 です。
一般会員として登録手続きを行い会員番号を取得してから
特別会員への登録手続きに進まれるよう重ねてお願いいたします。


平成26年6月8日(日) 在特会会長 桜井誠


投稿者: A0001086 投稿日時: 2014-6-1 20:56:52 (4524 ヒット)

公式サイトへの負荷が大きく閲覧にも支障をきたしていたため、公式サイトを新サーバーへ移行させました。
現在このお知らせが見えている人は新サーバーへの移行が終わりましたので、通常の使用に問題は有りません。
もし、なんらかの障害がある人は各種お問い合わせの会員登録関係へのお問い合わせから連絡をください。
http://www.zaitokukai.info/modules/inquirysp/index.php?op=0
もし、うまく送れない場合は
zaitokuhantai@gmail.com
こちらまでメールを下さい。
長い間ご迷惑をおかけしました。

副会長 藤井義行


投稿者: A0000001 投稿日時: 2014-5-30 10:28:25 (12189 ヒット)

平成26年5月25日(日)埼玉県川口市で開催された反移民デモ(埼玉支部主催)に参加しようとしていた内田伊織氏が男組を名乗る複数の人間に駅前で襲撃され頬骨骨折などの重傷を負いました。怪我を負わせた男組構成員松本英一容疑者が逮捕されましたが、この際内田氏が暴行を払いのけようとして同容疑者に掠り傷を負わせたとして、理不尽にも埼玉県警に逮捕される事態になっています。

怪我の程度をみれば子どもでも分かる通りの正当防衛の範疇であり、また内田氏によれば「10人がかりで襲われ、執拗に目を殴られた。」と証言しており極めて悪質な集団暴行事件であったことが判明しています。同氏の証言などをもとに今後松本容疑者以外に手を出したと思われる者たちにも法的対応をとるために、本人の要請もあり在特会として弁護士を付けて本件に対応することになりました。

すでに内田氏に接見した弁護士からは詳報が届いています。曰く「非常に不公平な取扱いと思われる」「(内田氏)本人は刑事・民事で松本容疑者及び男組と徹底して戦う意思を示している」とのことでした。弁護士費用を含め内田氏の戦いを応援していくために、在特会会員の皆さまからのご支援を何卒よろしくお願いします。

寄付のお願い
http://www.zaitokukai.info/modules/about/zai/endowment.html


平成26年5月30日(金)
在特会会長 桜井誠


投稿者: A0000001 投稿日時: 2014-5-8 16:57:20 (5797 ヒット)

平成25年度決算報告の結果ついて

会員各位

会則第二二条および第二三条に則り、すべての会員(正会員、メール会員)による在特会平成25年度決算承認投票(5月1日〜7日)を行った結果、承認が過半数を超えたことをご報告します。よって、会則第十一条第四項の三に基づき在特会 平成25年度決算報告は正式に承認されたものとしてここに公知します。

決算報告の閲覧は公式サイトにログインした後
左側のメインメニューから 会員の皆様へ → 決算報告 平成25年度 へお進みください。

平成26年5月8日(木) 在特会会長 桜井誠



投稿者: A0001086 投稿日時: 2014-4-17 21:17:12 (6236 ヒット)

元長崎支部長の晴朗さんより、長崎県で行われている支那人・朝鮮人の反日活動を阻止するための、署名のお願いがありました。
是非ご協力をお願いします。
以下は晴朗さんからです。

お願い!
在特会員の皆様、元長崎支部長の晴朗です。
この度、長崎のシナチョンの反日運動を阻止すべく下記のorg署名を立ち上げました。
今月までに1万人を集めなくてはならず、四苦八苦しております。
是非皆さんのお力をおかしください。よろしくお願いします。m(_ _)m


?爆心地公園周辺の朝鮮人原爆爆死者追悼碑の「説明板」の撤去を求めます
http://www.change.org/ja/キャンペーン/田上長崎市長-爆心地公園周辺の朝鮮人原爆爆死者追悼碑の-説明板-の撤去を求めます-2

?長崎平和公園の「韓国人原爆犠牲者追悼碑」の建立に強く反対します。

http://www.change.org/ja/キャンペーン/長崎市長-田上富久殿-長崎平和公園の-韓国人原爆犠牲者追悼碑-の建立に強く反対します


投稿者: A0000068 投稿日時: 2014-3-31 10:09:14 (11740 ヒット)

関西テレビ「スーパーニュースアンカー」への抗議文

関西テレビ スーパーニュースアンカー 御中

<抗議文>

3月27日放送の「スーパーニュースアンカー」におきまして、2月23日に開催された「日韓国交断絶国民大行進」が取り上げられましたが、主催者が在特会であるかのような悪質な捏造内容であったため、これに強く抗議します。
当会に対してはもちろん主催者の日韓断交共闘委員会関西に対しても、この上ない侮辱行為であるため速やかに事実関係を確認し、謝罪・訂正・補足の措置をとるよう求めます。

>「在特会と日韓断交共闘委員会が共催」
事実に反する。在特会は、2014年2月23日(日) に大阪の新町北公園で開催された「日韓国交断絶国民大行進」の「共催」はしていない。デマを堂々と流している。極めて悪質な捏造放送である。

>「在日特権を許さない市民の会」の字幕
なんの説明もなく、この字幕をデモ参加者の映像に載せたのは、このデモが在特会が主催者であるかのような印象を与える。極めて悪質な捏造放送である。

>「この日他の団体と共催で御堂筋を」
事実に反する。在特会は「共催者」ではない。このナレーションを聴いた視聴者に、在特会が音頭をとって、このデモを主催したような印象を与える。極めて悪質な捏造放送である。

>「在特会のデモに抗議しようとする人たち」「在特会のデモを待ち構えるように」
事実に反する。このデモは在特会のデモではない。「共催」から「主催」へとさりげなく、嘘に嘘を平然と重ねている。極めて悪質な捏造放送である。

主催者でない在特会を、主催者であるかのように報道したことに対し、

(1)番組内で訂正と謝罪を行うこと
(2)東京の在特会本部に岡安アンカーマン、村西キャスターが訪問し、公開の場で桜井会長に謝罪を行うこと(日時は在特会が指定)
(3)在特会桜井会長が意見を述べる時間を番組内に設けること(15分程度、オンエアの前に桜井会長のチェックを受けること)

を求めます。上記が実行されるまで、関西テレビの在特会取材を禁止します。
許可なく、集会現場等に侵入した場合は、通報の上、即排除となりますのでご注意ください。


投稿者: A0000001 投稿日時: 2014-3-23 11:59:35 (26085 ヒット)

在特会各支部運営参加のお願い

在特会会員の皆さまには日頃より当会の活動にご理解とご支援を賜りありがとうございます。すでにご承知の通り、当会は各地に支部を設置し行動する保守運動の浸透拡大を図っています。しかし、大都市圏はともかく地方支部の活動は運営の少なさからなかなか思うような活動ができない状況です。

また、まだ在特会の支部が設置されていない地域もあり、ぜひ会員の皆さまのお力添えをいただきたいと切に願うものです。現在、設置されている支部はもちろん、未設置の地域に在住の方も在特会の会員(メール会員も含む)であればどなたでも運営としてご参加いただけます。以下の要領に従い各支部の運営として、会員の皆さまがより積極的に運動展開にご協力いただけますことを心より願っています。


<支部運営への応募手順>

1.すでに設置されている支部について

http://www.zaitokukai.info/modules/baddr/

上記URLよりご自分の在住されている支部宛てにメールで運営としての参加希望の旨をお伝えください。
1週間経っても返事がない場合は、お手数ですが下記各担当副会長宛てに改めてメールを送付ください。

北海道・東北地区担当
藤田副会長 ( zaitokuhokkaidou@gmail.com

関東地区担当
米田広報局長 ( zaitokutokyo@gmail.com

中部地区担当
長尾副会長 ( zaitokuaiti@gmail.com

関西地区担当
神功副会長 ( zaitokuosaka@gmail.com

中国・四国地区担当
先崎副会長 ( zaitokuhirosima@gmail.com

九州地区担当
藤井副会長 ( zaitokufukuoka@gmail.com


2.まだ設置されていない支部について

1の地区担当割に従って、ご自分が居住されている地区の担当副会長宛てに
「○○支部運営として参加希望」としてメールを送付ください。


<運営応募記載事項>

各支部の運営の応募される際には以下の必須事項を記載してメールをお送りください。

・会員番号(例、A0000001)
・会員種別(正会員またはメール会員)
・氏名
・居住地(○○県○○市までで結構です)
・メールアドレス(gmailから受信できるメールアドレスを記載してください)
・その他、運営応募に際して何か一言あれば記載してください


投稿者: A0000001 投稿日時: 2014-3-23 11:58:11 (109215 ヒット)

【重要】 在特会特別会員終了のお知らせ

在特会はこれまで多くの特別会員の皆様のご支援をいただき、幾多の困難を乗り越えてきました。まずは特別会員として多大なご寄付をいただきました皆様に感謝申し上げます。

この特別会員について第4回執行役会議で話し合い、終了とすることに決定しました。これまで特別会員としてご支援いただきました皆様には、ニコニコ動画の在特会公式チャンネルに登録していただき、今後もご協力いただきたいと思います。

これからもニコニコ動画等を通じて皆様のご期待に沿えますようなお一層努力していく所存であります。これからの在特会にもご支援の程、よろしくお願いします。


特別会員募集期間 平成27年3月31日(火)迄

有効期限 特別会員証に記載の期限まで有効です

【問い合わせ先】 
zaitokuspecial@gmail.com


投稿者: A0000068 投稿日時: 2014-3-23 11:57:43 (44752 ヒット)

★ 在特会全会員の皆さまへ ★
━─━─━─━─━─━─━─━

皆さまの暖かいご支援ご協力を賜り、日本最大の保守系市民団体として国内はもとより海外からも当会の活動が注目されるようになりました。また、全国各支部もこれまで以上に街頭での各種活動はもとより、行政交渉やポスティング、代議士への陳情など積極的に「行動する保守運動」を展開できるようになりました。

しかしながら活動の幅が広がったことにより必要経費がかさんでいること、また裁判関連の費用も今後さらに負担が増すことが予想されるなど、財政的に黄色信号が灯り始めているのが実情です。これまで支援者の皆さまからの暖かい寄付収入を主な財源として当会は運営してまいりましたが、今後の予算状況を鑑みてより安定的な財政措置を採ることが急務と執行部では判断いたしました。

そこで、一般の寄付とは別に在特会のすべての会員の皆さまに主題のとおり『1,000円寄付』を呼びかけることになりました。決して景気の良いご時世ではありませんが、在特会の会員としてご登録いただきました心ある皆さまに少しずつ応分の負担をお願いできれば有難く存じます。

『1,000円寄付』は一口1,000円から何口でも何回でも結構です。呼びかけは強制ではありませんが、可能な限り継続してご協力いただけますようお願い申し上げます。『1,000円寄付』の送金先は一般の寄付口座と同じく下記の通りとなります。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

<送金先>

郵便局からの振込先

名前 ザイニチトッケンヲユルサナイシミンノカイ
記号 10150
番号 68361341

----------------------

一般金融機関(銀行・信用金庫など)からの振込先

銀行名 ゆうちょ銀行
金融機関コード 9900
店番 018
預金種目 普通(または貯蓄)
※預金種目は「普通」「貯蓄」のいずれでも振込可能です。
店名 〇一八 店(ゼロイチハチ店)
口座番号 6836134
名前 ザイニチトッケンヲユルサナイシミンノカイ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

在特会の活動を今以上に全国各地に拡大していくためにも、会員の皆さまの暖かいご支援を何卒よろしくお願いしいたします。


投稿者: A0000068 投稿日時: 2014-3-17 12:14:59 (9493 ヒット)

小林よしのり氏の3月14日付ブログ記事について

小林よしのり氏の3月14日付ブログ記事において、当会として容認できかねる内容がありました。

ブログ内で指摘されている

○在特会が「アンネの日記」を焚書すべきと主張していること
○「会員は全てヒトラー支持」と言っていること

は事実無根です。誤解なきようお願いします。

本件に関し、小林氏に対して下記質問を送らせていただきました。
--------------------
小林よしのり様

在日特権を許さない市民の会広報局です。
平成26年3月14日のブログ記事において、

>言っておくが、在特会は「アンネの日記」を焚書すべきと主張してるし、
>「会員は全てヒトラー支持」とも言っている。

との記述がありますが、

○在特会が「アンネの日記」を焚書すべきと主張していること
○「会員は全てヒトラー支持」と言っていること

についての根拠を、平成26年3月18日中までに提示願います。

事実誤認である場合は、平成26年3月19日中までに訂正及び謝罪の掲載をお願いします。

在日特権を許さない市民の会 広報局
局長 米田隆司
--------------------

3月14日の「小林よしのり氏ブログ」記事はこちらを参照

平成26年3月17日
在日特権を許さない市民の会 広報局


投稿者: A0000068 投稿日時: 2014-3-14 11:30:22 (4374 ヒット)

3月14日東京新聞配信記事への抗議文及び公開質問状

東京新聞の3月14日付記事において、当会として容認できかねる内容がありましたので、下記抗議文及び公開質問状を送らせていただきました。

【追記1】
あわせて、東京新聞及び中日新聞に対し、今後取材を拒否します。両紙以外の系列新聞及び系列放送メディアに対しては今後状況を見て判断します。

【追記2】
東京新聞社会部より回答が来ました。
------------------------------------
質問状への回答

2013年3月17日、新大久保で行われた在特会東京支部主催の「春のザイトク祭り 不逞鮮人追放キャンペーンデモ行進in新大久保」で参加者が「朝鮮人は死ね」と拡声器で叫んでいることを本紙記者が現認しています。

東京新聞社会部
------------------------------------

あっさりと恣意的な偏向報道を認めたようです。

>在特会は昨年二月以降、在日韓国・朝鮮人が多い新宿区大久保などで、「死ね」「出て行け」など差別的な言葉で過激なデモを行い、社会問題化した。

東京新聞の記事は、たった2回しか行われなかった新大久保の在特会主催デモにおける、1年以上前の参加者の発言をもって、新大久保などでのデモがすべて「在特会主催」で、常にデモの公式なコールとして「死ね」などと叫ぶことを参加者に行わせていたかのような内容であることがおわかりいただけたかと思います。
このような報道は、報道すべてが偏向しているという誤解を与えかねず、他の報道機関にとっても迷惑千万な話であると思わざるを得ません。
報道機関各位が、今後このような報道姿勢を許さないことを進んで示されることを期待しております。


(抗議文)
--------------------
集会、デモは国民の権利であり、その内容を第三者が判断して規制するものではない。石川大我区議(社民党)の質問自体が、思想差別、民族差別に基づくものであり、悪意を強く感じる。石川大我区議(社民党)こそまさに「差別主義者」「排外主義者」「レイシスト」であると確信した。
また危険な状態を作っているのは、反対意見を持つ側であり、これも差別、偏見に基づく行動を繰り返し、ヘイトスピーチを公然と行うのみならず、多くのヘイトクライムを発生させている。
また危険というなら、反天連など左翼の主催するデモや集会の騒乱をなんと見るかということにもなる。これらのデモや集会も公共施設を使用している。
石川大我区議(社民党)の差別質問に断固抗議するとともに、警察当局には、これら我々の正当な活動を不当に妨害する「差別主義者」「排外主義者」「レイシスト」を厳しく取り締まることを求め る。
あわせて、このような状況にも拘らず、従軍慰安婦の捏造情報の垂れ流し、犯罪者の国籍隠し、日本国民に対するヘイトスピーチそのものの記事、日本国民へのヘイトクライムを助長するような記事を無責任に垂れ流す東京新聞に対しても断固抗議するものである。

在日特権を許さない市民の会 広報局
--------------------

(公開質問状)
--------------------
東京新聞社会部御中

本日付けの記事ですが、以下事実誤認があります。

>在特会は昨年二月以降、在日韓国・朝鮮人が多い新宿区大久保などで、「死ね」「出て行け」など差別的な言葉で過激なデモを行い、社会問題化した。

在特会は、デモのスローガンやコールなどで「死ね」などと叫んだものはありません。
また、大久保、鶴橋のデモや街宣がすべて在特会という印象をわざと与えている悪意ある記事と見受けられます。
一部参加者の不規則発言が恒久的かつ公式の内容となっている誤解を読者に与えるのではありませんか。
少なくとも「死ね」のデモがいつどこで、誰の主催で、「死ね」とコールすることを計画して行ったことを証明する責任がメディアにはあります。
社会に対する影響がマスメディアにあると自覚するなら、碌に裏もとらずこのような恣意的な記事を垂れ流し、日本国民に対する差別、憎悪を助長することは直ちにおやめください。
当記事を撤回し、当会に公式に謝罪するか、「死ね」のデモがいつどこで、誰の主催で、「死ね」とコールすることを計画して行われたかを追記していただくかのいずれかを要求します。
回答期限は平成26年3月21日までとします。

在日特権を許さない市民の会 広報局
--------------------

3月14日の「東京新聞」記事はこちらを参照

平成26年3月14日
在日特権を許さない市民の会 広報局


« 1 2 (3) 4 5 6 ... 38 »
在特会広報にご協力下さい

カレンダー
前月2017年 6月翌月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<今日>
検索


Powered by XOOPS Cube 2.0 c 2005-2006 The XOOPS Project

Theme design by IMAGO:THEMES c 2003