寄付のお願い |  ホーム |  ニュース |  運営ブログ |  在日Q&A |  フォーラム |  サイトマップ |  ご利用ガイド

ログイン
ユーザ名:

パスワード:



メインメニュー
運営ブログ 最近の記事
バナー

当サイトはリンクフリーです。下記バナーをご自由にお使い下さい。(バナーの直リンクはご遠慮願います)

QRコード

モバイルサイトアドレス
在日特権を許さない市民の会 - ニュース
最新ニュース
投稿者: A0000068 投稿日時: 2014-3-14 11:30:22 (4501 ヒット)

3月14日東京新聞配信記事への抗議文及び公開質問状

東京新聞の3月14日付記事において、当会として容認できかねる内容がありましたので、下記抗議文及び公開質問状を送らせていただきました。

【追記1】
あわせて、東京新聞及び中日新聞に対し、今後取材を拒否します。両紙以外の系列新聞及び系列放送メディアに対しては今後状況を見て判断します。

【追記2】
東京新聞社会部より回答が来ました。
------------------------------------
質問状への回答

2013年3月17日、新大久保で行われた在特会東京支部主催の「春のザイトク祭り 不逞鮮人追放キャンペーンデモ行進in新大久保」で参加者が「朝鮮人は死ね」と拡声器で叫んでいることを本紙記者が現認しています。

東京新聞社会部
------------------------------------

あっさりと恣意的な偏向報道を認めたようです。

>在特会は昨年二月以降、在日韓国・朝鮮人が多い新宿区大久保などで、「死ね」「出て行け」など差別的な言葉で過激なデモを行い、社会問題化した。

東京新聞の記事は、たった2回しか行われなかった新大久保の在特会主催デモにおける、1年以上前の参加者の発言をもって、新大久保などでのデモがすべて「在特会主催」で、常にデモの公式なコールとして「死ね」などと叫ぶことを参加者に行わせていたかのような内容であることがおわかりいただけたかと思います。
このような報道は、報道すべてが偏向しているという誤解を与えかねず、他の報道機関にとっても迷惑千万な話であると思わざるを得ません。
報道機関各位が、今後このような報道姿勢を許さないことを進んで示されることを期待しております。


(抗議文)
--------------------
集会、デモは国民の権利であり、その内容を第三者が判断して規制するものではない。石川大我区議(社民党)の質問自体が、思想差別、民族差別に基づくものであり、悪意を強く感じる。石川大我区議(社民党)こそまさに「差別主義者」「排外主義者」「レイシスト」であると確信した。
また危険な状態を作っているのは、反対意見を持つ側であり、これも差別、偏見に基づく行動を繰り返し、ヘイトスピーチを公然と行うのみならず、多くのヘイトクライムを発生させている。
また危険というなら、反天連など左翼の主催するデモや集会の騒乱をなんと見るかということにもなる。これらのデモや集会も公共施設を使用している。
石川大我区議(社民党)の差別質問に断固抗議するとともに、警察当局には、これら我々の正当な活動を不当に妨害する「差別主義者」「排外主義者」「レイシスト」を厳しく取り締まることを求め る。
あわせて、このような状況にも拘らず、従軍慰安婦の捏造情報の垂れ流し、犯罪者の国籍隠し、日本国民に対するヘイトスピーチそのものの記事、日本国民へのヘイトクライムを助長するような記事を無責任に垂れ流す東京新聞に対しても断固抗議するものである。

在日特権を許さない市民の会 広報局
--------------------

(公開質問状)
--------------------
東京新聞社会部御中

本日付けの記事ですが、以下事実誤認があります。

>在特会は昨年二月以降、在日韓国・朝鮮人が多い新宿区大久保などで、「死ね」「出て行け」など差別的な言葉で過激なデモを行い、社会問題化した。

在特会は、デモのスローガンやコールなどで「死ね」などと叫んだものはありません。
また、大久保、鶴橋のデモや街宣がすべて在特会という印象をわざと与えている悪意ある記事と見受けられます。
一部参加者の不規則発言が恒久的かつ公式の内容となっている誤解を読者に与えるのではありませんか。
少なくとも「死ね」のデモがいつどこで、誰の主催で、「死ね」とコールすることを計画して行ったことを証明する責任がメディアにはあります。
社会に対する影響がマスメディアにあると自覚するなら、碌に裏もとらずこのような恣意的な記事を垂れ流し、日本国民に対する差別、憎悪を助長することは直ちにおやめください。
当記事を撤回し、当会に公式に謝罪するか、「死ね」のデモがいつどこで、誰の主催で、「死ね」とコールすることを計画して行われたかを追記していただくかのいずれかを要求します。
回答期限は平成26年3月21日までとします。

在日特権を許さない市民の会 広報局
--------------------

3月14日の「東京新聞」記事はこちらを参照

平成26年3月14日
在日特権を許さない市民の会 広報局


投稿者: A0000068 投稿日時: 2014-3-10 11:42:28 (2885 ヒット)

3月2日沖縄タイムス社配信記事への公開質問状

沖縄タイムスの3月2日付記事に対し、当会として容認できかねる内容がありましたので、下記公開質問状を送らせていただきました。

--------------------
 沖縄タイムス社(沖縄県那覇市、豊平良孝社長)が「辺野古反対:ヘイトスピーチに屈せず、大阪行動500回」という記事を配信いたしました。その中で街頭活動がいかにも当会によって妨害されたかのような書き方がなされておりますが、JR敷地内で街頭活動を行ったためであり、無許可活動を行った辺野古反対派団体の過失であります。 また、当該記事は極めて一方的であり、当会を絡めているにも関わらず、当会には一切取材、事実確認等ありませんでした。これら到底納得しかねる部分があるため、沖縄タイムス社に対し公開質問状を送付し、説明を求めます。

在日特権を許さない市民の会 広報局
--------------------
3月2日の「沖縄タイムス」記事はこちらを参照

在日特権を許さない市民の会 広報局


投稿者: A0000068 投稿日時: 2014-3-1 12:09:45 (5054 ヒット)

一部報道に関するお知らせ

 2月27日、日本経済新聞(東京都千代田区、喜多恒雄社長)が当会に対して、「在日韓国・朝鮮人の排斥を掲げる団体」と報道しましたが、そのような事実はありません。現在まで当会は何度もメディアには正確な報道を要請してまいりましたが、一向に是正される気配がないことから、かかる報道が続くようならば、法的措置も含めた対応を検討いたします。

2月27日の「日本経済新聞」記事はこちらを参照

在日特権を許さない市民の会 広報局


投稿者: A0000068 投稿日時: 2014-2-27 19:01:48 (7834 ヒット)

「アンネの日記」事件に関する一部報道について

韓国の日刊紙「ハンギョレ新聞」は25日東京都内の図書館で相次いだ「アンネの日記」のページが破られた事件について「凶暴に引き裂かれた『アンネの日記』…嫌韓派の仕業?」 などと報じ、在特会(以下、当会)の犯行を臭わせる記事を配信しました。

2月25日の「ハンギョレ新聞」記事はこちらを参照

当会としましては、このような事実はありません。
むしろ、世界中の図書館で日本海や竹島関連の図書を損壊している者たちの犯行と見たほうが、より現実的であることを指摘するものです。

なお、当会の活動と「アンネの日記」など被害に遭った図書とでは何ら思想信条的な関係性はありません。
また、本事件といわゆる「嫌韓」の動きはまったく無関係であります。
故に、意味不明なこじつけを行っている「ハンギョレ新聞」ら韓国メディアに対し、強く抗議を行うものです。

あわせて国内外を問わず、報道各位におかれましては、確証もなく、安易に犯人を当会関係者と推定したり、動機を当会の活動と結びつけることは厳に慎み、良識ある報道を心がけていただけますようお願い申し上げます。

平成26年2月27日
在日特権を許さない市民の会
広報局


投稿者: A0000068 投稿日時: 2014-1-5 19:15:06 (4550 ヒット)

中央日報1月5日配信記事に関して
中央日報1月5日配信記事によりますと、当会が取材を受けたようなことになっておりますが、そのような事実はございません。

以下中央日報に送った質問です。

中央日報御中

当会は、取材については、すべて下記より受け付けております。
http://www.zaitokukai.info/modules/inquirysp/index.php?op=2

今日まで、広報宛に御社からの問い合わせはありませんでした。

ところが、御社1月5日配信の下記記事では、御社より当会が取材を受けたことになっております。

http://japanese.joins.com/article/200/180200.html?servcode=A00§code=A10
>本紙は在特会側に立場表明を求めたが回答はなかった。

なぜこのような虚偽を新聞社が堂々と配信したのか、説明を要求します。
また、虚偽を配信をしたことに対し、謝罪文及び訂正記事を速やかに掲載するよう要求します。

平成26年1月5日
在日特権を許さない市民の会 広報局
局長 米田隆司


« 1 ... 4 5 6 (7) 8 9 10 ... 110 »
在特会広報にご協力下さい

カレンダー
前月2018年 4月翌月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
<今日>
検索


Powered by XOOPS Cube 2.0 c 2005-2006 The XOOPS Project

Theme design by IMAGO:THEMES c 2003