寄付のお願い |  ホーム |  ニュース |  運営ブログ |  在日Q&A |  フォーラム |  サイトマップ |  ご利用ガイド

ログイン
ユーザ名:

パスワード:



会員数
16350 名

メインメニュー
運営ブログ 最近の記事
バナー

当サイトはリンクフリーです。下記バナーをご自由にお使い下さい。(バナーの直リンクはご遠慮願います)

QRコード

モバイルサイトアドレス
在日特権を許さない市民の会 - ニュース
最新ニュース
投稿者: A0006533 投稿日時: 2017-2-19 17:32:55 (579 ヒット)


大韓民国大統領
朴 槿恵 殿
大韓民国大統領代行
黄 教安 殿            

                
 我々は在日特権を許さない市民の会とその共闘団体有志であります。
極めて残念なことながら、我々は我が国固有の領土である竹島を不法占拠する
貴国政府に対して、抗議活動を実施する状況となりました。
 そもそも、我が国は貴国と国交を樹立して以来、官民を問わず
文化・経済交流を頻繁に行ってまいりました。
これは、我が国の外交基本方針である「国際協調主義」並びに「積極的平和主義」
に基づき、東アジアにおいて利害を共有する友好国であったためです。
両国の友好関係の維持と、相互利益のため、我が国はこの半世紀において
大なる譲歩と援助を貴国に対して行ってまいりました。
 然るに、貴国は平成24年8月10日、李明博前大統領が竹島に不法に
上陸したばかりか、14日には畏れ多くも天皇陛下に対して
「独立運動家にひざまづいて謝罪せよ」と発言しました。
さらに、朴槿恵大統領も、平成17年に竹島に不法に上陸を行っていたことが
明らかになり、政治団体により刑事告発がなされております。
 今年に入ってからも、1月25日に慶尚北道(キョンサンプクト)の
金寛容(キム・グァンヨン)知事が竹島に不法に上陸しました。
地方議員など公職にある者の上陸は枚挙に暇がありません。
 貴国政府の度重なる不法行為は、もはや我が国の国民感情の許容を超えるものであり
決して看過できるものではありません。
 もし、我が国の竹島に関する歴史的、法的な瑕疵があるならば
国際司法裁判所にて、公正な判断を仰ぐべきであるのに
貴国はこの案件に対して正面から取り組むことはせず
他国政府へのロビイング、「告げ口外交」、インターネット上でのハラスメント等に終始しており
その活動たるや、怯懦かつ卑怯で、呆れ返るばかりであります。
 さらに申し上げれば、対馬市の観音寺から持ち去られた仏像について
貴国の地方裁判所が、浮石寺(プソクサ)への引き渡しを命じました。
そして、いわゆる「慰安婦問題日韓合意」でも、我が国政府の譲歩により
締結されたものであるにも関わらず、韓国では釜山市に新たに慰安婦像が作られるなど
我が国政府の外交努力を大きく損なうものであることは言うまでもありません。
 これらの事実をもって、日韓友好を主張することは、我が国の国益、社稷を
案ずる我々にはまったく論外であり、極めて大きな怒りとともに
日韓断交を主張するほかありません。
 もし、日韓関係の悪化を望まないのであれば、すぐに竹島の領有権に関して国際
司法裁判所の判断を仰ぎ、政府間で合意したことについて正確かつ迅速に実行する
べきです。
 韓国政府に良識ある高官がまだ残っていることを願い
以上のことを貴国政府に要求いたします。                                      

平成29年2月19日
竹島奪還全国一斉アクション                    
参加者一同


投稿者: A0000001 投稿日時: 2016-11-28 21:34:06 (3632 ヒット)

執行役員承認投票の結果

平成28年11月22日から11月27日まで行いました道添隆寛氏の承認投票の結果、不信任が1票で投票資格者の過半数を越えなかったため、承認されました。ここに報告いたします。会則第10条に基づき再任された執行役員を含め、本年12月1日から始まる第6期は以下の執行役体制でスタートします。

会長 八木康洋
会長代行 菊地内記(東北地区担当兼任)
副会長 藤田正樹(北海道地区担当)
副会長 道添隆寛(関東地区担当)
副会長 長尾旭(中部地区担当)
副会長 神功正毅(関西地区担当)
副会長 藤井義行(IT担当・九州地区担当)
広報局長 米田隆司(広報全般担当)

平成28年11月28日
在日特権を許さない市民の会
会長 八木康洋


投稿者: A0000001 投稿日時: 2016-11-21 23:45:39 (1743 ヒット)

第六期執行役員指名及び承認投票公知

【第六期執行役員指名】
第六期在日特権を許さない市民の会会長選挙の結果、私、八木康洋が会員の皆様からの信任を受けました。会則第7条及び第9条に基づき、会長が以下の会員を執行役員に指名します。任期は平成28年12月1日から平成30年11月30日までです。

会長代行 菊地内記(東北地区担当兼任)
副会長 道添隆寛(関東地区担当)
副会長 長尾旭(中部地区担当)
副会長 神功正毅(関西地区担当)
副会長 藤井義行(IT担当・九州地区担当)
広報局長 米田隆司(広報全般担当)


【承認投票公知】
会則第9条に基づき、上記執行役指名者のうち、まだ会員による承認を受けていない道添隆寛氏の承認投票を実施します。

◆ 執行役員(副会長)候補者 ◆
道添隆寛(みちぞえ・たかひろ) 在特会埼玉支部長

◆ 投票期間 ◆
平成28年11月22日(火)〜 平成28年11月27日(日)

◆ 投票資格 ◆
平成28年11月21日までに在特会会員としての資格を得ている者
正会員・メール会員を問わず会員は投票資格を有します。

◆ 投票方法 ◆
会長が指名する候補者に反対する者のみ、必要事項(会員番号、氏名、不信任の意思表示)を記載のうえ下記メールアドレス宛に反対投票を行って下さい。
zaitokukaitohyo@gmail.com
記載事項を守らない投票は無効票とします。反対投票をしない者は自動的に賛成したものとみなします。反対票が会員総数の半数を超えた場合、会長の指名は無効となります。


【文責】
平成28年11月21日
在日特権を許さない市民の会
会長 八木康洋


投稿者: A0000068 投稿日時: 2016-11-20 21:31:28 (2097 ヒット)

第六期在日特権を許さない市民の会会長選挙信任投票結果

信任投票の結果、不信任が投票資格者の過半数を越えなかったため、立候補者八木康洋(会員番号A0000001)の第六期会長就任が信任されました。

立候補者:八木康洋
会員番号:A0000001

不信任総数:0票
以上


投稿者: A0000068 投稿日時: 2016-11-15 8:22:26 (1994 ヒット)

第六期 在日特権を許さない市民の会会長選挙 実施要綱


【立候補者プロフィール】
1. 会員番号
A0000001

2. 氏名
八木康洋

3. プロフィール
現会長。茨城県に在住。

4. メッセージ
前回の会長選挙において執行役の会議を透明化を約束し、実行してまいりました。また、会長就任当初から各地区でコンセンサスを取って活動するようにお願いし、会員の皆様には積極的な提案を呼びかけました。今期の終盤になってようやくですが、コンセンサスの重要性を理解していただくまでになったかと思います。とは言っても、これは積極的に我々がそのための行動をおこしたからではなく、ヘイトスピーチ対策法ができてしまい、そうせざるを得なくなったのが原因であります。

第6期では引き続き執行役会議の透明化とコンセンサスを取る活動を継続します。同時に、活動の輪を広げる努力をしたいと思っています。これまで離れてしまった同志や在特会とは距離を置いて活動してきた他団体との連携を画策します。そのために、ヘイトスピーチ対策法の問題点を解説する勉強会等を積極的に行い、知識や情報の上での在特会の存在意義を高めます。結果として信頼される在特会に成長し、多くの仲間を作っていけるように努力します。

当会の目的であります入管特例法の廃止のためには多くの人の賛同が必要となります。敵を攻撃するのは良いのですが、多くの敵を作るようなやり方とはここらで決別しなければなりません。同じ思いを共有する仲間を増やし、同志の輪を広げ、我々の活動を邪魔する多くの要因を取り除き、目的に向かって歩みを進めるようにいたします。

5. 推薦人
A0008414 長尾旭
A0002330 藤田正樹
A0006533 菊地内記
A0002173 神功正毅
A0013516 直江武
A0000033 先崎玲
A0001086 藤井義行
A0000068 米田隆司

6. 推薦人のメッセージ
A0008414 長尾旭
「八木康洋氏を会長に推薦します。極めて不利な裁判を戦い抜き(不当判決という思いはありますが)納めることが出来たのは緻密さと粘り強さを兼ね備えた八木氏のご尽力の賜物です。第五期からの新方針(ボトムアップ)を定着させ より強力な組織を創り上げる為に次期での続投を求めます。必ずや新たな「戦う在特会」を実感できることでしょう!」
A0002330 藤田正樹
「運営&役員への就任時より当会の早期解散を望んでますし、既に役割は完了したと思っていますが、今度も存続・更なる発展を目指すなら会長適任者は八木氏しか居ないと思います。会員番号A0000001 八木康洋を会長に推薦します。」
A0006533 菊地内記
「第一期の八木体制は率直に申し上げて失敗でした。八木会長だけではなく、執行役員全員が責を負うべき問題です。従って八木会長にはもう一期続けていただき執行部は前期の失敗を踏まえ、会員の皆様が活動しやすい環境づくりを進めてまいるべく尽力する所存です。」
A0002173 神功正毅
「八木康洋は学識が豊かで弁も立つ方なので来期も続投することを希望します。」
A0013516 直江武
「第五期会長会員番号A0000001 八木康洋を第六期会長に推薦します。」
A0000033 先崎玲
「第五期会長会員番号A0000001 八木康洋を第六期会長に推薦します。」
A0001086 藤井義行
「八木会長は今まで2年間在特会を支えてくれました。今後の2年間も在特会をしっかりと支えてくれる唯一の人間だと思います。」
A0000068 米田隆司
「第六期会長に会員番号A0000001 八木康洋現会長を推薦します。第五期は状況の変化が急速かつ確実に進行し、当初の混乱はあったものの最終的には八木会長が就任時に訴えていた在特会の新たな位置付けと役割に符合する形となりました。引き続き八木体制で進んでいくことを支持します。」

7. 選挙実施要項
立候補者が1名のため、第六期在日特権を許さない市民の会会長選挙はメール投票での信任投票制を採用する

・選挙実施期間
平成28年11月20日(日) 7:00〜 21:00

・選挙投票資格
平成28年11月19日までに在特会会員またはメール会員の資格を得ている者


※ 不信任のみ必要事項(会員番号、氏名、不信任の意思表示)を記載のうえ
選挙実施期間内に選挙管理委員会に送付すること
zaitokukaitohyo@gmail.com

※ 不信任が投票資格者総数の過半数を超えた場合は再選挙を実施する

8. 開票
即日開票とし11月20日(日)21:00以降に結果を公式サイトおよび緊急メルマガにて発表する

以上


投稿者: A0000068 投稿日時: 2016-11-11 8:32:43 (2524 ヒット)

第六期会長選挙について



会則第9条に基づき、下記要綱にて会長選挙を実施します。

【告示日】
平成28年11月14日(月)

【立候補受付期間】
平成28年11月14日(月) 9:00〜17:00

【立候補資格】
平成28年10月31日までに在日特権を許さない市民の会(以下、在特会)会員の資格を得ている者
メール会員として登録している者は立候補資格を有しない。

【立候補の手続き】
以下の内容を記載したメールを在特会選挙管理委員長まで立候補受付期間に提出すること。

立候補者
1.会員番号
2.氏名(登録名・ただし人名と認知されないハンドルネームなどは不可)
3.簡単なプロフィール
4.会員に向けての公開メッセージ(600文字以内)
5.推薦人一覧(5名以上の会員の会員番号と登録名を書いてください)

推薦人
1.会員番号
2.氏名(登録名・ただし人名と認知されないハンドルネームなどは不可)
3.推薦文(200文字以内)

※ 受付期間外の送付や内容に不備があった場合は不受理となるので注意すること。
※ 届出の推薦人とメール送信した推薦人が一致しない場合は無効とします。
※ 立候補者又は推薦人の会員番号と登録名が一致しない場合も無効とします。

【メール送付先】
在特会選挙管理委員長 米田隆司
zaitokukaitohyo@gmail.com

【選挙実施要綱】
1.立候補者公示期間
平成28年11月15日(火)〜平成28年11月19日(土)
立候補者の氏名、プロフィール及びメッセージ並びに推薦人の氏名及び推薦文を公式サイトにて公開するとともに臨時の選挙用メルマガを発行し同内容を全会員に送付します。

2.在特会会長選挙実施期間
平成28年11月20日(日) 7:00〜21:00

3.在特会会長選挙投票資格
平成28年11月19日までに在特会会員またはメール会員の資格を得ている者

4.立候補者が1名の場合はメール投票での信任投票制を採用する。
※ 不信任のみ必要事項(会員番号、登録名、不信任の意思表示)を記載の上、選挙実施期間内に選挙管理委員会に送付する。
※ 不信任が投票資格者総数の過半数を超えた場合は再選挙を実施する。

5.開票
即日開票とし11月20日(日)21:00以降に結果を公式サイトにて発表する。

以上

在日特権を許さない市民の会 広報局
局長 米田隆司


投稿者: A0006533 投稿日時: 2016-10-14 23:17:50 (1916 ヒット)

厚生労働省に外国人生活保護に関する質問状を提出致しました

副会長・菊地内記が質問状を作成し、本部広報・梅乃結が代理となって
10月13日、厚生労働省に外国人への生活保護の実態把握について
質問状を提出して参りましたのでご報告いたします。
↓写真はこちら
https://twitter.com/YuiUmeno/status/786437098093936640



以下、質問項目を抜粋して掲載いたします。


\験菠欷遒鮖抖襪気譴討い覲姐饋佑旅饑劼篝ぢ喊瑤覆匹猟敢妻法について

外国人に対する生活保護の年間の費用について

J神 26 年 7 月 18 日最高裁判決で、「永住外国人は生活保護法の対象
ではない」という判決が下されたにも関わらず
外国人に対し生活保護を継続して支給している法的根拠について


こ姐饋佑紡个垢訐験菠欷郢抖襪陵由(「傷病」など)の中に「その他」が
あるが、主に何を指すのかについて


コ姐饋誉験菠欷郤垳詐に向けた厚生労働省の取り組みについて


回答が来た際には、速やかに皆さまにご報告申し上げます。
引き続き、ご支援ご声援のほど、よろしくお願い致します。


在特会副会長(東北地区)菊地 内記


投稿者: A0000068 投稿日時: 2016-3-14 18:00:00 (23464 ヒット)

駐横浜韓国総領事館に汚物を投げ入れた容疑者について

駐横浜韓国総領事館に汚物投げ入れた容疑者が逮捕されました。
在特会による犯行を騙っていたようですが、容疑者の犯行に当会は一切関与しておりません。

平成28年3月14日(月)
在日特権を許さない市民の会 広報局
局長 米田隆司


投稿者: A0002330 投稿日時: 2015-12-28 8:18:47 (10084 ヒット)

北海道支部の名を騙った脅迫的メールについて

「在日特権を許さない市民の会・北海道支部」を名乗り(送信者の氏名は無し)、他団体に対し脅迫じみた内容のメールが送られていることが、他団体の方からの連絡で判明しました。

当会当支部ではそのようなメールは出しておらず、今後とも出すことはありません。そのような卑怯な行為は即刻止めるようお願い致しますと共に、受信された方へ謝罪申し上げます。

尚、メール内容が他団体に対する脅迫案件(人体に危害を加えるかの如き文面)ですので、ここに詳細は明記致しませんが、警察への報告も行います。

(一部加筆修正 27.12.28 9:46)

在日特権を許さない市民の会 副会長 藤田正樹


投稿者: A0000068 投稿日時: 2015-12-24 0:00:00 (3765 ヒット)

在特会 年末年始のお休みについて

在特会では以下の期間で業務を休止します。

【業務休止】
平成27年12月26日(土) 〜 平成28年1月5日(火)

【休止対象業務】
会員登録、問い合わせ、広報関連、メルマガ発行、公式サイト管理など

【その他】
本年度の会員登録業務は平成27年12月25日までの取り扱いになります。ただし、休止期間前の登録申し込みであっても、正式な登録が来年1月6日以降の処理に回される可能性がありますので、会員登録をご希望の方は出来る限り早めに登録をお願いします。

期間中は在特会としての活動を休止しますが、各地区担当役員および支部長の判断によって必要とされる場合は、休止期間中でも活動を行う場合があります。


投稿者: A0000068 投稿日時: 2015-12-12 18:42:14 (12274 ヒット)

12月12日に報道された横浜の韓国総領事館の不審物(排泄物?)事件は在特会の行動ではありません。
また会員に対し、このような文字通り汚い犯罪を指示、教唆、推奨したこともありません。
会の名前を勝手に騙る行為に関しては、厳しく対処します。

(参考)
http://www.sankei.com/affairs/news/151212/afr1512120025-n1.html

平成27年12月12日
在日特権を許さない市民の会 広報局
局長 米田隆司


投稿者: A0001086 投稿日時: 2015-8-7 22:15:54 (10577 ヒット)

突然ではありますが、在特会定期便は今月いっぱいで終了します。
今後は、重要な連絡があったときに出す臨時便のみになります。
ご了承ください。

平成27年8月7日
副会長 藤井義行


投稿者: A0000001 投稿日時: 2015-7-8 0:00:00 (11587 ヒット)

会員の皆様、日々の活動ご苦労様です。在留カードへの切り替え期限の日となりました。これを機会に入管特例法の廃止を求める声明を出そうと、会員の皆様に声明案の承認投票をしていただきました。その結果、賛成15,560名、反対1名となりまして、圧倒的多数の賛同のもと、下記声明は採択されました。
早速、この声明をもとに請願書を作り、維新の党等の国会議員に働きかけようと思います。会員の皆様、承認投票へのご参加とご賛同ありがとうございました。


人種差別撤廃条約第1条第4項の完全履行を求める在特会声明

 我が国はあらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約(以下「人種差別撤廃条約」という)に加入しており、留保している第4条以外は完全履行する義務を負っている。ところが、在留管理制度において一般永住者と特別永住者を分けており、日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法(以下「入管特例法」という)にて特別永住者への特別措置を保障している。人種差別撤廃条約では第1条第4項で特別措置が「異なる人種の集団に対して別個の権利を維持することとなってはならず、また、その目的が達成された後は継続してはならない」としており、入管特例法を制定している事自体が重大な人種差別撤廃条約違反であると言わざるを得ない。我々、在日特権を許さない市民の会は人種差別撤廃条約第1条第4項の規定に従い、入管特例法の廃止を要求する。

平成27年7月8日
在日特権を許さない市民の会
会長 八木康洋
以上


投稿者: A0000068 投稿日時: 2015-5-19 17:39:15 (35163 ヒット)

【重要】公式チャンネル閉鎖に関するお知らせ

本日ドワンゴより「規約違反」を理由に「チャンネル閉鎖」の通告があり、公式チャンネルページも削除されました。具体的な説明は一切ありませんでした。
チャンネル会員の皆様には大変ご迷惑をおかけします。現在状況を確認中です。状況が分かり次第お知らせします。

平成27年5月19日(火)
在日特権を許さない市民の会 広報局


投稿者: A0000001 投稿日時: 2015-4-5 9:00:00 (8977 ヒット)

<承認投票結果報告>

会則第七条及び第九条に基づき実施しました副会長承認投票の結果、不信任が投票資格者の過半数を越えなかったため、以下の指名者を副会長に登用します。

◆ 会長が指名した執行役員(副会長)候補者 ◆
直江 武 (なおえ・いさむ) 

なお、直江副会長の担当地区は中国地区とし、先崎副会長の担当地区を九州・四国地区に変更します。藤井副会長はIT関連統括担当とします。

平成27年4月5日
在日特権を許さない市民の会
会長 八木康洋




(1) 2 3 4 ... 38 »
在特会広報にご協力下さい

カレンダー
前月2017年 2月翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
<今日>
検索


Powered by XOOPS Cube 2.0 c 2005-2006 The XOOPS Project

Theme design by IMAGO:THEMES c 2003